スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンホラ 7thコンサート「Märchen(メルヒェン)」行ってきた!26日の追記

2010年12月29日 00:38

↓の記事で書き忘れた事を追加


・最後出演者一同が手を繋いで挨拶するやつ←こういうのなんて言うんだっけ?
↑をやるために、
メル「(出演者に向かって)みんな、もうちょっと前に出ようか」

出演者、2列に並んで舞台縁まで

前方観客の黄色い声、
出演者と観客が手を振り合う

この時結女王子は手を額につけて<(゚-゚=)キョロキョロ(=゚-゚)ゞ

「何やってんだろ?…」って考えてたら「……ティン(゚∀゚)!!」ときた

王子、観客の中からも嫁を探してる!w

ナンテ事がありましたw
結女さんは、何というか最初から最後まで鈴木結女でなく王子として舞台にいたような気がします。


あと挨拶し終わって、みんなが舞台袖にはける時・・・・・
子メルが子エリザの持ってた人形を奪って観客に向かって投げる振り!
子エリザが人形を奪い返して、
子メルに向かって o(*≧д≦)o″)) ンモォー!! って感じで怒ってたw
ものごっつ和んだよ(*´ω`*)

26日 Sound Horizon 7th Story Concert「Märchen(メルヒェン)」行ってきた!

2010年12月27日 02:31

行ってきましたー、おもしろかったー

今日は真ん中左よりの前から6列目!で観劇でした。
近い!近いよ!みんなの表情まではっきり見える!
でも歌姫が床に倒れたり、眠ったりするとスピーカーが邪魔で見えなかったりしたりしたので一長一短かな

それを踏まえて
以下適当に感想書きます。


・イドイド3曲
鳥籠聞いた時点すでに涙腺崩壊w(メルヒェンの色々な場面が思い浮かんでもうヤバい)
Joelleさんはすげーよやっぱり!
声が澄み切ってる!

いやー3曲とも前の生誕祭の時よりよかった。
代々木体育館が如何に音響が悪いかわかりましたw
MIKIさんの演技にさらに磨きがかかってました。
あと相変わらず屍人ダンサーズが上手い演出してます。

・宵闇の唄
彼女が魔女になった理由から宵闇の唄に掛けて
テレーゼとエリーゼが融合する感じの演出がありました。
何というか腑に落ちた感じです。
通常版のジャケットの再現をしてて、おおっ!ってなりました。
REMIがホントに首吊ってて怖かったー
あと「それは気のせいよ」の部分をエリーザベトが歌ってなくてちょっと安心したw

・火刑の魔女
彩乃かなみのさんの演技が上手い
「それでも 嗚呼 ねぇ 母さん~貴女が一緒だったから」
の部分をすごくいい笑顔で歌いあげてたのに、
「それなのに 何故~」の部分に入る時に、すうっと表情がなくなったのには鳥肌でした。
さすが宝塚の人ですねえ。
子役のヘンゼルとグレーテルもさすがの舞台役者って感じの動きをしてくれてました。

・黒き女将の宿
REMIの衣装がかわえええ(*´ω`*)
REMIのコミカルな動きがかわえええ(*´∀`)
ええい!もう我慢ならん!
パンフで自信なさげな事書いてましたが、演技も結構上手かったですよ。

そしてじまんぐ・・・・・・・
美輪明宏みたいな感じを想像してたんだけど、
それを超えるインパクトがあったww
あれは反則だw
でも結構似合ってるというか嵌ってる気がしたのは何でなんだろうw


・ガラスの棺で眠る姫君

ともよちゃんはもう安心して観ていられるレベル
口からCD音源といっても良いと思いますよ。
でも、じいやに追いかけられてる時のセリフが
「無理ー!」から「馬鹿ー!」に変わってた気がw

結女王子への歓声がすごいw
しかもCDよりパワフルだった。
マジかっこええよ

鏡の上で首だけだしてるじまんぐには吹いたw
MIKIさんの魅せ場なのにそっちにばっかり目が行ってしまうw


・生と死を別つ境界の古井戸
Ceuiさんの明るさには癒されるわー
この曲はバンドメンバーも演者も観客も皆ノリノリでやってる気がするw
陛下もパンやりんごや鳥のパペットでノリノリだしw

継母の真似して歌うちーちゃんが可愛い!
ほんとこの曲は和むわ。


・薔薇の塔で眠る姫君

みくにさんの高音の出し方好きです。

水浴びしてる母がエロかった(オイ
あずみさんのアプリコーゼ衣装が一昔前の魔女っ娘ぽくて可愛かったw
アルテローザとの掛け合いは燃える

・青き伯爵の城
サウスちゃんが出て来たとき、「あっ、髪が黒い(茶色)!」って思ってしまったw
ミーシャのイメージが残ってたようだw
心配してた、伯爵が「犯しては殺し犯しては殺し」の部分は「殺し」の部分にスポット当てた演技でしたね。まあそうだろうな・・・
各妻をそれぞれ違う形で殺してる演出でした。
撲殺、絞殺、刺殺、焼殺、溺殺って感じだったかな?うろ覚えです。


・磔刑の聖女
Joelleさんは実は天使でした!
とか言われても信じる自信があるぞ私はっ!
この歌声は魔法です。

歌い終えた後
回想にあった「メル、絶対迎えに来てね~」の部分と同じ感じで
メルに抱きつく場面は感動ひとしおです。(バックの鳥籠のフレーズがまた泣ける)
その体勢で照明がブラックアウトしていくんだけど、
その中で、メルが恐る恐るエリーザベトの背中に手を回していってるのが見えました。
もうね・・・


最後のエリーゼが壊れていく感じのシーン
ダンサーがエリーゼ人形を奪いあう様な感じで激しく動かして、
おどろおどろしさというか、エリーゼの必死さを演出してたんだけど、
近くで見てると、エリーゼの首がもげるんじゃないかと心配になってしまったw


・暁光の唄
今度は初回版のジャケットの再現ですが、ただの再現ではなくてヒロインだけじゃなくて登場人物が皆で仲良くわいわいやってる感じでした。(物理的に出れないキャラが多々いますがw)
女将の宿メンツが自由すぎだったw
Ceuiさんとチーちゃんが微笑ましかった。

最後ループして光と闇の童話の冒頭に戻った時、
盛り上がりに合わせて、私も含め周りのサンホラーが皆立つ準備してたら、ぶちっと切れてENDだったので、ちょっと肩透かし食らった感じでしたw


以下の内容はうろ覚え(大意だけ感じてください)
・MC
死んだ理由を聞くコーナー
当たった席が空席だったw
メルメル「まだ死んでないのか・・・」
隣の席を当てるもまた空席
サッシャ「マダイキテル・・・」
今度は人のいる逆隣を当てる
サッシャ「シンデタ・・・」

今回の死んだ理由は「アルバムを聞きすぎて」w
メルメル「ならばその復讐を手伝ってあげy・・・
   ん?ということは復讐の相手は・・・」
観客爆笑
メルメル「それは、後で裏でえい!ってやっておくよw」


エリーゼ「寂れた横浜・・・まるで港のヨーコ、ヨコハマヨコスカね」
聞き取りづらかった事もあり観客反応鈍い
メルメル「エリーゼそれは若い子には分からないよ、ホラ微妙な空気になっちゃったじゃないか」


・アンコール
曲は「メルの絵本 魔女とラフレンツェ」
配役は
ラフレンツェ=野薔薇姫(下川みくに)
オルドローズ=アルテローゼ(MIKI)
語り=アプリコーゼ(井上あずみ)
オルフェウス=王子(鈴木結女)

ということで野薔薇組の番でした!

冒頭で野薔薇姫が「子供を捨てるのにも事情があるんです!」って感じでいきなり言い訳を語りだしたw
最初は野薔薇姫、アプリコーゼ、アルテローゼでコーラス
三途の川とか火刑の魔女の演出を再利用w
「祖母がいなくなって、唇を閉ざした~」の辺りで
竪琴を持った王子が登場!大歓声!
サビの「愛欲に咽ぶ~」の所で何故か王子がアルテローゼと踊り出すw
「暗闇の階段を駆け上がる王子、なぜか老婆の手を引いて」
王子「いただきます」でアルテローゼに接吻(何度も!)w
野薔薇姫、地団駄踏んでヽ(`Д´)ノプンプン
アプリコーゼ「王子は老婆が好きなのか、それとも呪いのせいなのか、物語はページの外側へ」


メル「今回のアンコールはこんな感じでやってます。」
メル「これはやっちまったな、とかおもってるでしょw」
観客大いに頷くw

ってな感じでした、アンコールが1曲だけってのは寂しいけど、ラフレンツェが聞けるとは思ってなかったので、僥倖でしたよ。
みくにさんも明るめにこの曲を歌い上げてて、今回の演出にマッチしてたと思いますw

・メンバー紹介
今日は趣向を変えて、各歌い手さんに自分が歌ったパート以外で好きなフレーズを歌ってもらう事に
全員分書くのは疲れるので、面白かったものを幾つか・・・

Ceui:
鳥籠から「友達が欲しかったけど、それがどんなものか知らなかったよー、セイっ!」
メル「とりあえずセイっ!と言っておこうと思ったんだね」

ともよ:
(7人の小人のひとりを持って)
鳥籠から「せめて、わたしの代わりにこの子一緒に連れていってね」
メルに小人を差し出す
ともよ「絶対迎えに来てね」
メル、小人を操って「約束さ」

REMI:
女将の宿から「黨が立って久しい、クソババアがひとり、図太く生きていくには、綺麗事ばかりじゃ……(ともよちゃんに向かって)ないわよっ!」

栗林みな実:
歌い出そうとするも照れ笑い、
メル「どうした!?」
気を取り直して「貫いてみせよう、ロンギ~ヌス」
会場微ウケ
正直一番やっちゃった感があったw(でも、そこが可愛いなー)

王子:
「陽が昇り ああ汗塗れ、炊事選択すべて私の仕事、王子頑張るっ☆」
メル「王子、あまりやる気が見られませんよ」


じまんぐ:
かまんぐで「明夫~、私の明夫はどこ~」
大塚さんに駆け寄ろうとして、ともよちゃんに膝蹴りで阻止されるw
メル「明夫は皆のものさ」


子エリーザベト:
人形を持ってメルの前まで来る、
渡すのかと思いきや、スルーして王子に人形を差し出すw
メル「私は君の王子にはなれなかったんだね…こんなに白くなったんじゃわからないか…」
めっちゃ哀愁ただようコメントだったw

子メル:
暁光の唄より「暗闇の時代に生まれて儘君に出逢い~」
途中で歌詞忘れるも、頑張って歌いなおして、最後は「ピース!」で締めてたw

ちーちゃん:
「死んじゃったの、天国なの、気のCeuiなの、分からないわ、大丈夫、でも私は頑張るよ、お父さん、いつだって~」
歌い終わった後、恥ずかしかったのか、じまんぐ(かまんぐ)の袖の影に隠れるw
じまんぐ好かれてるな~


こんな感じで、
後はメルが亀ちゃんに「いただきます」しようとして阻止されたりとか色々あるんですが割愛。(調べれば他の方のレビューが見られると思いますので)
しかし、今までの中で一番楽しいメンバー紹介でした。
というか後4回メンバー紹介があるけどどうするんだろうなー
今回でハードル上がったと思うぞw



とりあえず連々とレポと感想書いてみました。
CD自体がLIVEっぽい構成だった事もあってなかなか楽しいコンサートだったんじゃないかな。
私は30日も観に行く予定なので、今度は屍人ダンサーズとかアクターの動きを中心に見てこようかなっと思ってたりします。(今度は2階席だしね)
ではまたーノシ

Sound Horizon 7th StoryCD 「Märchen(メルヒェン)」が届いたよー

2010年12月15日 00:01

Marchen(初回限定盤)Marchen(初回限定盤)
(2010/12/15)
Sound Horizon

商品詳細を見る

まさかAmazonでフラゲができるとは思ってなかったw
(どうも午前中には届いてたみたいだし・・)

とりあえず歌詞絵本見ながら1周聞いてみたんですが、
今までの中で一番勢いがあるCDだった気がします。
なんというか、LIVECDを聞いてるみたいだった。(MCっぽいのもあるしw)
これを雑とみるか勢いとみるかは聞き手次第だと思いますが、私は好きです。

私の愚耳では誰がどの曲を担当しているのかさっぱり分からなかったんですが、
サンホラネタバレ・考察スレでまとめてくれている人がいたので勝手に転載させてもらいます↓



ネタバレ・考察スレ7 124氏より転載

自信ないけど叩き台にしてくれ

1.宵闇の唄
 似て非なる人
 エリーゼ:初音ミク(クリプトン社のボーカロイド)

2.火刑の魔女
 ヒロイン:彩乃かなみ(元・宝塚歌劇団月組トップ娘役)
 魔女:MIKI
 ヘンゼル:桐山和己(生誕祭2010で幼少メルの年上の方を演じた子役)
 グレーテル:小林さゆみ(2000年産まれの子役)

3.黒き女将の宿
 ヒロイン:REMI【多分】
 女将:Jimang

4.硝子の棺で眠る姫君
 ヒロイン:黒沢ともよ(Moiraのコンサートで幼少ミーシャを演じた子役)
 継母:MIKI
 王子:鈴木結女(日本の女性歌手)

5.生と死を別つ境界の古井戸
 ヒロイン:Ceui【多分】(日本の女性歌手)
 継母:MIKI
 ホレおばさん:井上あずみ
 妹:石井千夏(2000年産まれの子役)

6.薔薇の塔で眠る姫君
 ヒロイン:下川みくに【多分】(日本の女性歌手。元チェキッ娘)
 悪い魔女:MIKI
 善い魔女:井上あずみ【多分】
 王子:鈴木結女

7.青き伯爵の城
 ヒロイン:栗林みな実
 青髭:大塚明夫

8.磔刑の聖女
 ヒロイン:Joelle

9.暁光の唄
 似て非なる人


巻末クレジットのキャスト順番から考えてもこれで合ってるんじゃないかと思いますが、
もし、これが本当だとしたら色々驚きがあります。

まず、ともよちゃん、歌うめー
Moiraコンサートの時に素晴らしい演技を魅せてくれた黒沢ともよちゃんですが、
歌もこんなに上手かったんですね~ ホントに末恐ろしい・・・
もうちゃん付けで呼べないかもしれん。

次に驚いたのはREMI嬢・・・
こんな喋り方できたんですねー すごい嵌ってますw
ていうか、これがホントにREMIなのか未だに半信半疑です。(それくらいの驚き)

最後に3曲目のじまんぐ・・・
まさか、変態神官よりひどい役があったとはwww



とりあえず今の段階で私が好きな曲は4,5,8曲目ですかね。(多分LIVE行ったら変わる可能性が高いと思います)
特に8曲目、自分的にはちょっと不意打ちだったのですげーテンション上がりました。
ベタな展開だけどこれは泣ける!
エリーゼも切ないよ・・・


いやーCD聞いてコンサートがますます楽しみになってきました!
・この出番の多さをMIKIさんは乗りきれるのか!
・結女王子登場シーンの歓声はミラコンのウツ王子や09生誕祭の大塚さんを超えるかw
・liveだと自由過ぎる節回しになるじまんぐに、果たしてともよちゃんはついていけるのかw
・伯爵のロンギヌス(ry

楽しみですw

ついに完結!

2010年10月17日 17:31

半分以上打ち捨てられたブログですが、765幻想楽団の新作が出たとあっては記事を書かねばなるまい……



museP作 アイドルマスター × Sound Horizon 聖戦と死神 第4部 「黒色の死神」

いやーとうとう完結しちゃいましたね~
第一部があがってから2年と4ヶ月ぐらいですか・・・・
一視聴者の私でも感慨深いものがあります。



聖戦と死神4-2
このシーンはProjectMoir@の時から「予告」ということで見られてたわけですが、
やっぱりかっこいいよな~
自作の3D背景もすごい雰囲気出てます


聖戦と死神4-3
1:20辺りからの畳み掛ける緊迫感がすごいです


2010-10-17-008.jpg
ここのモーション上手い!


聖戦と死神4-4
これ、もしかすると、私の拙作に合わせて頂いたんでしょうか…:(;゙゚'ω゚'):
仮にそうだとしたら、光栄な限りですm(_ _)m
以前ブログで話したような気がしますが、私の考えてた聖戦と死神の配役とmusePが作ってくれた作品の配役がほとんど一緒だったんですよね。
有り難い、有り難い。



こんな所で、
4部合わせて15分弱…いやはやホントお疲れ様でしたと言いたくなります。
でもね……聖戦と死神はこれで完結ですが、
「約束の丘」とか「薔薇の騎士団」とか聖戦と死神の関連曲はまだまだたくさんあるので、
museP頑張れ!w


最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。